冷却期間から復縁を成功させる方法を占います

スポンサーリンク

【冷却期間から復縁する方法を四柱推命】
大好きだったあの人と別れてしまった。

恋の気持ちは冷めたと思っていたけれど、しばらく一人で考えているうちにあの人の存在が大きかったんだと、そう思えたあなたに。
四柱推命であの人との冷却期間を超えてからの復縁方法を占いませんか?

あの人と一緒にいたい、あの人とならまたやり直せる。
別れてしまったことを悔やんでいるより、復縁のため、もう一度あの人に告白するために今できることを占いましょう。

スポンサーリンク

>>復縁占い一覧へ
>>四柱推命一覧へ

~幸せのための恋愛アドバイス~

占いの結果だけでは不安、もっと恋愛で役に立つ情報が知りたい。
そんな声を聞き、このコーナーではあなたにおすすめする恋愛アドバイスを掲載しております。
あなたの一生をより良いものにするために、あなたの魅力を引き出すために、一度目を通していただけると嬉しいです。

占いメニュー

二人が別れてしまったのはなぜ?

復縁を成功させるには、元彼に「彼女と復縁したいな」と思わせることが重要です!
そのために、まず彼と別れることになってしまった原因や理由をなくすことから始めましょう。
あなたと彼が別れた理由はコレではないですか?

冷却期間と彼の気持ち

冷却期間中、彼はどんな気持ちなのでしょう?
彼も復縁したいと思ってくれている?それとも独身が楽とか?
冷却期間である今の彼の本音を占いで暴きます。

直接会うのはダメ?

復縁のために冷却期間は重要ということは分かっているけど、それでも彼に会いたいという気持ちは抑えられません!
彼に直接会って会話したい、という気持ちを実行したら復縁の成功率はどうなるのでしょうか。
冷却期間中の元彼に直接会っても良いのか、診断!

復縁の可能性とできることは?

冷却期間の今、元彼と復縁できる可能性はどれくらいなのでしょう?
復縁するために冷却期間で気持ちを落ち着ける以外にできることはないのでしょうか?
あなたの復縁成功の可能性と今できることをズバリ占います。

冷却期間の後に復縁するためにメールをする際の5つの注意

彼と別れた後には冷却期間を置いてからようやく復縁の為に行動するのが、復縁への第一歩と言われていますが、このファーストコンタクトで失敗してしまうと、復縁への道が遠のいてしまいます。

メールは気軽に送れる便利なものですが、時として使い方を誤ってしまいがちな復縁メールの注意点をご紹介していきます!

「好きなの!」「やり直したい」はNGワード

冷却期間をほどよく取ったのち、さていよいよ復縁に向けて自分の「好き」な気持ちを伝えなきゃ♪と「まだあなたの事が忘れらないの」「もう一度やり直したいの・・・」という復縁願望に満ち溢れたメールを送ってしまってしまいがちです。

ですが、受け取った相手の中では残念ながらもう終わった恋愛ですので、「何でいまさら?」と困惑されたり「重い女」と遠ざけられてしまいます。

この感情の落差がより復縁をしにくくさせる原因にもなっていきますので、最初から簡単に復縁を望んではいけないのです。

冷却期間明けのメールの1通目から大好きメールを送るのはNGで、最初のメールは当たり障りのない軽い内容のメールでなければいけません。

メールの中に未練を感じさせてはいけない?

復縁したいと思ってメールをしてるのに、なぜ復縁を匂わせる内容にしてはいけないのか?といぶかしく思うかもしれませんが、逆の立場からして、もう別れてしまった相手から「好きだ!もう一度会いたい」などの熱烈な内容のメールをもらったらドン引きしたり、気持ちがますます冷めてしまいませんか?

未練は執着と同じですので、未練を感じさせてしまうと「ストーカーされてしまうのでは?」「やり直したくないし」と避けられ返信すらしてもらえなくなります。

未練を送るのではなく「前に言ってたお店ってどこだった?」など、質問をするような形式で短い内容の文章を送るようにすれば、返信してくれやすくなります。

付き合っていた頃の事は書いてはいけない

大好きな彼への連絡で、思わずテンションが上がってしまうかもしれませんが、付き合っていた頃の思い出話や楽しかった頃の話をすれば、彼の心が戻って来てくれるのでは?と淡い期待を抱いてしまいたくなりますが、これは逆効果でしかありません。

これも未練を感じさせることのひとつで、良い思いでだけなら良いのですが、悪い思い出の方がどうしてもインパクトが強いのでそちらの方を思い出されてしまうと、復縁どころか恋愛自体も最悪な思い出になってしまう可能性も・・・

いつまでも彼女気取りのメールはアウト!

大好きな彼へメールを送ってみたら、返事をくれた!そうなると付き合っていた頃のようにひんぱんにメールを送ってしまったり、返信が無いからと「何で返事くれないの?」「誰かと一緒にいるの?」など、勘違いの嫉妬メールを送ってしまっては「いつまで彼女気取りでいるんだ?」とうんざりされてしまいます。

元彼へ送るメールはあくまでも「友達目線」が基本!
最初っから彼女に戻ろうとして先走りすぎると必ず失敗します。
まずは友達としての関係を作り上げていき、気がついたら最も心を許せる相手がたまたま元カノだった・・・そんな風に持っていくことが大切です。

即返信は相手をドン引きさせる

彼へドキドキしながらメールを送った後、念願の返信メールが来たらかなりうれしいでしょう。

ですが、ここで即返信してしまうと「待ち構えてたの?」とドン引きされてしまいます。
それに舞い上がったままメールを返信してしまうと、余計な事を書いてしまったり変に長いメールになりがちです。

このまま元彼とのメールを続けたいのならば、いろいろ情報を詰め込みたくなるかもしれませんが、初期のメールは疑問文を最後に付け足しくらいにして、下書きをしたのちしばらく時間を置き、送信前に再度読み返すくらいの慎重さが必要です。
あくまでも普通の友達に送る短いメールという感覚だけは忘れないようにしましょう。

ただし、相手の仕事の都合などもよく考えつつ、邪魔にならないように配慮をしながらメールのやり取りをしましょう!

おわりに

冷却期間明けのメールというのは、どんな事を送っていいのかもいちいち悩んでしまいますが、あくまでも復縁したいというのは自分だけの気持ちであること、元彼の気持ちを考えつつ行動することを絶対に忘れないように、彼と向き合っていきましょう!

復縁は冷却期間明けこそ注意!元彼との復縁への道

倦怠期で別れてしまった彼氏と復縁する未来を誕生日占い

短い付き合いで別れた恋人と復縁できる方法

音信不通の彼と復縁する方法を占います

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。