不倫をしたあなたの未来と夫の気持ちを占う

スポンサーリンク

【不倫をしてしまった未来を四柱推命】
ふと魔が差して、別の男性と不倫をしてしまった。
夫はこんな私をどう思っているのだろう?

不倫をしてしまったあなたは今何を感じていますか?
そして、夫はそんなあなたをどう思っているのでしょうか。

不倫をしてしまった未来と夫の気持ちを無料占い。
これからの二人は幸せなのでしょうか?

スポンサーリンク

>>不倫占い一覧へ
>>四柱推命一覧へ

占いメニュー

夫はあなたの不倫をどこまで把握している?

ふと魔が差して、してしまった不倫ですが、一回でも数回でも不倫は不倫。
あなたが不倫をした、という事実を夫はどこまで把握しているのでしょう?
まだ知らないままならば、不倫を誤魔化すこともできるかもしれませんよ。

やり直しか、離婚か。夫の気持ちは?

不倫をしてしまい、あなたの心に罪悪感がある今、夫との結婚生活に幸せを感じますか?
夫の気持ちを考え、これから幸せになるとやり直すと決意したとき、夫婦の絆は強くなるのかもしれません。
しかし、夫の気持ちを考えて、離婚するという方法も幸せになる手段ではありますよ?

あなたにとって不倫相手とは

あなたはなぜ不倫をしてしまったのか、不倫相手に何を求めたのか、自覚していますか?
あなたにとって不倫相手は、夫に感じないどんな役割やポジションを求めていたのでしょう。
魔が差してしまった不倫相手、あなたから相手への気持ちを知りましょう。

あなたの未来を占います

不倫をしてしまったあなたですが、今の夫との結婚生活は結局どんな形を迎えるのでしょう?
やり直しに成功したり、ギクシャクしたり、離婚して新しい恋を探したり・・・。
不倫に罪悪感を感じているあなたの未来、どんな明日が待っているのか、占います。

~幸せの恋愛アドバイス~

占いの結果だけでは不安、もっと恋愛で役に立つ情報が知りたい。
そんな声を聞き、このコーナーではあなたにおすすめする恋愛アドバイスを掲載しております。
あなたの一生をより良いものにするために、あなたの魅力を引き出すために、一度目を通していただけると嬉しいです。

不倫夫と離婚する前に考えるべきこと5つ

夫が浮気していることでも混乱してしまうのに、もうすでに夫婦関係が悪化していた場合や、浮気相手と結婚したいから離婚しろ!と言われたからといって、そんなにすんなりと離婚を受け入れることはできないかと思います。

ですが、実際問題離婚を避けられないような事態になった場合、離婚届を出す前にどんな事についてしっかりと考えておく必要があるのでしようか?

浮気した側から離婚は請求できない

浮気している事が発覚し、離婚することになる夫婦は多いですが、浮気をした夫側から「離婚したい」と申し出をしても、浮気をされた側である妻が離婚に合意しない限り、原則として離婚が認められることはありません。

浮気された側の合意無しで離婚できる場合は、8~9年という長期間別居していることや、夫婦に未成熟子がいない場合、離婚する事で経済的・社会的に生活していくのが困難になるなどの要因が無いという条件をクリアすれば、された側の合意が無くとも離婚できる可能性はあります。

ですが、浮気された側が離婚を迫る側へ、離婚を優位に進めるための切り札として使うことができますので、簡単に離婚届けに記入しないようにしましょう。

「離婚届不受理申請」は必ずしておこう!

夫が離婚を急いでいる場合には、夫が勝手に離婚届を記入し窓口に提出してしまうことも考えられます。

離婚届を勝手に出されるのを予防するために「離婚届け不受理申請」を必ず窓口に提出しておくことをオススメします。
この届出を出しておけば、夫が勝手に離婚届けを出しても受け付けてもらえませんので、安心して離婚する為の話し合いをすることができます。

浮気相手と夫に慰謝料請求するには?

浮気によって精神的に傷つけられた事に対し、浮気相手と夫に対し慰謝料を請求することができます。

浮気の期間や婚姻関係が長いほど、高い慰謝料を受け取ることができますが、慰謝料を請求する場合には、浮気をしている(していた)という明確な証拠が必要となってきますので、できる限り浮気の証拠を集めておく必要があります。

浮気の証拠をとしよく挙げられる、携帯のメールやLINEの内容は証拠として使えそうですが、実は浮気の証拠としては弱く相手から否定されれば、それまでになってしまいます。

確実な浮気の証拠として、時として探偵を雇うなどしてホテルへ出入りする写真や音声を揃えておいた方が安心ではありますので、最初は小さい証拠(日記に夫の朝帰りした日を記録しておくなど)でもコツコツとしっかりとした証拠を集めておきましょう。

離婚後助成金をもらえる場合もある

今まで専業主婦として家庭に入っていたりと、これから安定した収入を得るのが難しいのに離婚によって母子家庭(父子家庭)になる場合には、離婚後行政から児童扶養手当や住宅手当を受けることができますし、生活保護も受給することができます。

養育費をもらう場合には公正証書を作っておこう

離婚をする前には、お互いの共有財産の分与や、家電や家具、住宅ローンなどの取り分け、年金分割、親権・養育費問題について話し合いをするかと思いますが、取り決めを口約束だけで済ませていると後々もめてしまうようになります。

離婚前には離婚協議書を作成し、離婚後もめてしまう原因となりやすい養育費や面会の回数、慰謝料の金額などを取り決めた事を記入した後証書にして残しておけば、例えば夫からの養育費や慰謝料が滞った場合、給与を強制的に差し押さえることができます。

おわりに

結婚にはお互いの意志がある程度固まっていることもあり、案外簡単に進んでいくことが多いですが、離婚話し合いをしてもなかなか前に進まないこともあり、ズルズルと決着がつかず精神的に疲れ果て、相手のいいなりになってしまうこともあります。

ですが、離婚した後後悔してもどうしようもできませんので、離婚届けを提出する前にしっかりと自分に有利になるよう話し合いをしていきましょう!

遠距離はバレにくい!?遠距離不倫を楽しむための方法と結末はこれ!

今の夫と別れて、不倫相手と付き合いたい。夫と離婚する方法

W不倫がばれる日はいつ?これからの未来と幸せを占う

彼(彼女)の不倫への本気度と幸せにしてくれるか占います

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。