テレパシー

テレパシーとは

テレパシーとは言葉や表情、身振りなどに頼らずに相手の心を読み取ったり、自分の想いを伝えたりする能力です。サイキック能力の一種で、超感覚的知覚が発達した人がこの能力を有すると言います。しかしながら微量のものであれば、多くの人が宿している能力で、特に近年はテレパシー能力のうち、受信能力が高い人が増えている傾向があります。
尚、テレビや漫画のようにテレパシー能力で会話をするには、相手も同レベルのテレパシー能力を有している必要があり、現実的には送受信を同時に体感することはほとんどないと言われます。(双子間のテレパシーは除きます)

送信能力

テレパシー能力の中でも送信能力は、想いや考えを送ることに特化した能力です。一般の人でもエネルギーが強いタイプの人であれば、「念を飛ばす」「想いを飛ばす」という形で相手のオーラや潜在意識に訴えかけることができます。こういう人は微弱な送信能力を持っていると言ってもよいでしょう。しかし、本物の送信能力保持者はそこから一歩踏み込んで、相手の心の奥に自分の想いや情報を植え付け、意識に上がるきっかけを作ります。

受信能力

テレパシー能力の中でも受信能力は、相手の想いや考えを受け取ることに特化した能力です。一般の人でもごくごく微量のものであれば、何となく感じるというように相手の気持ちや考えを感じる取ることができる人もいます。それは離れていても同じで、「相手が自分のことを考えているような気がする」「電話をかけてきそうな気がする」というように、虫の知らせ的な感じで受け取ることができます。こういう人は微弱な受信能力保持者と言ってもよいでしょう。しかし、本物の受信能力保持者はそこから更に踏み込み、相手の心や考えていることを詳細に読み取ります。強い能力者の中には相手と自分との間に境界線がないと感じるほどすべてを読み取る人もいるそうです。

占いにおけるテレパシー能力者

占い業界においてのテレパシー能力保持者は、相手の心や考えを読み取る受信能力が優れている人が多い傾向があります。一口にテレパシー能力保持者と言っても、受信能力が強い人もいれば送信能力が強い人もいます。占い業界においては、相手の意識を読み取ることが求められる場合が多いため、受信能力保持者が集まってきている傾向があります。しかし、中には思念伝達などをうたう送信能力の保持者も存在しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です