西洋占星術

西洋占星術とは

西洋占星術とは、西洋に伝わる占星術で、人や物事の起点となる日時の星図を元に、実際に空を運行する天体を使って占う占いです。西洋占星術では太陽を中心として太陽系の惑星、小惑星、月の感受点など太陽系の星に関するデータを元にして占います。これは地球上に生まれた人は太陽系の星々に影響されるという考え方によるものです。暦は非常に精密で、実際の天文暦を使って占うのが特徴です。
西洋占星術の発祥は古代バビロニアで、その後ギリシアやアラブ、ヨーロッパに渡り発展しました。現在の西洋占星術の元となる体系はヘレニズム時代に成立したと言われています。

西洋占星術は最も緻密な占星術である

世界に散らばる占星術の中でも、実在する天体の運行を利用して占う西洋占星術は、最も緻密な占星術であると言われています。2時間を1つの刻として占う東洋占星術に対して、西洋占星術は分刻みで運勢を占います。これは実際の星の運行や星が作り出す感受点が数分刻みで変化することが原因と言われています。また、イギリスのグリニッジ天文台を基準として占うため、その他の地域で生まれた人は時差による修正を行います。つまり、本格的に西洋占星術で占いをするためには、生年月日の他に出生時間と出生地が必要となります。

西洋占星術は太陽星座だけではない

西洋占星術と言えば、「牡羊座の運勢」「蟹座の性格」といったように「○○座」という占いを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。しかしこれは西洋占星術の一部であり、実際の西洋占星術は10個以上の天体を使い、その天体が配置されている位置や天体同士の角度を絡めて細かな性格や吉凶を占います。例えば、恋愛に関しては金星や火星を重視しますし、感情や内面の影響を見るのであれば月を重視します。
テレビや雑誌でよく見る「○○座」というのは、本質を表すと言われる太陽星座で占う占いで、西洋占星術の一部分にすぎません。

西洋占星術の種類

西洋占星術は1つの占星術に見えて、実は無数の流派や技法が存在します。国家の運勢や気象を占う「マンデーン占星術」という手法もあれば、株価や相場を占う「金融占星術」もあります。他にも、個人の性格や運勢を占う方法や、相談者が訪れた時間の星図を使いタロットのように判断を下していく「ホラリー占星術」など、様々な占い方があります。尚、現在の主流は個人の性格や運勢を占う「モダン占星術」です。

西洋占星術が得意とするもの

現代の西洋占星術が得意とするものは、主に個人の性格や運勢、相性、いつ頃どんなことが起きるかといった未来予知です。性格や運勢については本人も気づかないほど細かな点を当てることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です