星座占い

星座占いとは

星座占いとは、西洋占星術の中でも太陽の位置する星座に注目した占いで、性格や簡単な運勢を見ることに適した手法の1つです。太陽星座が分かれば簡単に占えることから、雑誌やテレビなどで使われることが多く、「12星座占い」または「星占い」として一般の人にも広く浸透しています。

星座占いの利点

西洋占星術の中でも太陽星座は本人の基本的な性格や運勢を表すとして、最も重視して見る部分の1つです。全体運を見る時には太陽星座を中心に見ていきますし、本質的な相性を見る時もやはり太陽星座を重視します。また、太陽は年が違っても同じ日であればほぼ同じ場所に位置しますから、生年に関係なく誕生日さえ分かれば性格や運勢を占うことができます。一般に広く浸透しているので初対面の人にも話を振りやすく、気軽な調子で相手のことを知ることができるツールとしても人気です。

星座占いで分かること

星座占いで分かることは、その人の基本的な性格の他、簡単な相性や運勢といったものになります。しかし、簡単とは言っても実際の星の運行を判断に加えると、人生の大きな流れや細かな事象など様々なものを見ることができます。

星座占いの亜流

現在はあまり見ることがありませんが、過去に13星座占いという占いが流行りました。これは12星座にへびつかい座を加えた13星座で占う占いです。13星座占いは、「伝統的な占星術では昔の概念に従って黄道を12星座で12等分するが、現代の天文学から見ると太陽は12星座の他に一時的にへびつかい座を通るため、実際の黄道上にある13の星座を使って占うほうが正しいのではないか」という理論に基づいて生まれました。一時期日本でも紹介され、「新しい占星術」として人気が出ましたが、実際の西洋占星術の基本概念とは大きく異なるため、現在では下火になり採用している占い師はほとんどいないと言われています。

星座占いの応用

プロの占い師が占う占い業界において、星座占いは相手の生年月日が詳しくわからない時や簡単に判断したい時などに使われています。占い師によっては血液型やタロットと組み合わせることもあります。星座占いは西洋占星術ほど複雑な判断が必要とされないため、他の占いと組み合わせる形で補助的に使う占い師が多くいます。星座占いは単独では詳細の鑑定が難しいものの、タロットや血液型、数秘術など他の占いと組み合わせることによって判断に幅が広がる占いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です